2012年09月01日

排尿トラブル克服プログラム

排尿トラブル克服プログラム
女性医療クリニックで行われている【頻尿・尿もれトレーニング】が自宅でできるプログラム






実践者の声

   「育児や家事をしながらできるトレーニングで
    助かりました」

     東京都 齋藤様


     実践者の声

     二人の子供を出産後、尿漏れで悩んでおりました。


     最初は、「そのうちおさまるだろう・・・」

     と思いあまり気にしていませんでしたが、

     産後1年経過してもおさまらず悩んでおりました。


     病院に行くのも、恥ずかしい気持ちもあり悩んでいた際に、

     偶然この「自分でできる排尿トラブル克服プログラム」に出会いました。

     見た瞬間、これなら自分で好きな時にできる!と思い

     すぐに購入させていただきました。


     DVDを見て、すぐにトレーニングをはじめました。

     このプログラムのいいところは、

     日常生活の中でも取り入れられるトレーニング方法も紹介されているところです。

     育児や家事をしながらトレーニングができるので、

     毎日の生活の中に取り入れやすいので助かっております。


     また、食事日誌と排尿日誌をつけていくことにより、

     今まで自分で気が付いていなかった生活習慣も見えてきました。


     現在は、トレーニングを少しずつ進め、

     おかげさまでよい方向に向かっております。

     これからもこのプログラムを楽しみながら続けていき、

     完全克服を目指して頑張っていきます。


     本当にありがとうございました。



   「1年以上悩んでいた尿漏れが改善されました」

     神奈川県 78歳 N・S様


     実践者の声

     尿もれが非常に多くて大変な思いを1年以上してきました。

     骨盤底トレーニングセンターのトレーニングを受けて非常に良かったです。

     1か月に1回のトレーニングの経過を報告するために通院していますが、

     現在は尿もれの量も回数も少なくなりました。



  「トレーニングを受けて、非常に良かったです。
   手術せずに過ごせています」

     神奈川県 56歳 M・O様


     実践者の声

     以前から陰部の違和感と尿もれがあり不快な生活を送っていました。

     トレーニングを受ける前までは、

     尿もれに対して手術を受けようかと思っていましたが、

     現在はもう手術は行わず、様子を見れるようになりました。

     トレーニング自体、親切で丁寧に教えていただけるので、

     安心して取り組めています。





この排尿トラブル克服プログラムを実践すれば、尿漏れを再発することもなくなります。


尿の悩みに不安のない快適な生活を送れるようになるのです。





頻尿


過活動膀胱は、自分の意思と関係なく膀胱が勝手に運動してしまい、頻尿や尿もれを引き起こす病気です。

しかし、トイレが近くなったり、おしっこが少しもれたりしても、病院を受診する方はごくわずかです。

過活動膀胱は、今すぐ命にかかわるような怖い病気ではありませんが、日常生活の中でとても困るものです。

年齢も年齢だし、仕方ないことだとか、だれかに相談するのは恥ずかしいしと、ひとりで悩みを抱え込んでいる人が大勢いらっしゃいます。

頻尿や尿もれなどの症状に思い当たったら、悩み続けずに、解決策を見つけてみませんか。

まずは、病気のことを、よく知りましょう。



実践者の声

   「育児や家事をしながらできるトレーニングで
    助かりました」

     東京都 齋藤様


     実践者の声

     二人の子供を出産後、尿漏れで悩んでおりました。


     最初は、「そのうちおさまるだろう・・・」

     と思いあまり気にしていませんでしたが、

     産後1年経過してもおさまらず悩んでおりました。


     病院に行くのも、恥ずかしい気持ちもあり悩んでいた際に、

     偶然この「自分でできる排尿トラブル克服プログラム」に出会いました。

     見た瞬間、これなら自分で好きな時にできる!と思い

     すぐに購入させていただきました。


     DVDを見て、すぐにトレーニングをはじめました。

     このプログラムのいいところは、

     日常生活の中でも取り入れられるトレーニング方法も紹介されているところです。

     育児や家事をしながらトレーニングができるので、

     毎日の生活の中に取り入れやすいので助かっております。


     また、食事日誌と排尿日誌をつけていくことにより、

     今まで自分で気が付いていなかった生活習慣も見えてきました。


     現在は、トレーニングを少しずつ進め、

     おかげさまでよい方向に向かっております。

     これからもこのプログラムを楽しみながら続けていき、

     完全克服を目指して頑張っていきます。


     本当にありがとうございました。



   「1年以上悩んでいた尿漏れが改善されました」

     神奈川県 78歳 N・S様


     実践者の声

     尿もれが非常に多くて大変な思いを1年以上してきました。

     骨盤底トレーニングセンターのトレーニングを受けて非常に良かったです。

     1か月に1回のトレーニングの経過を報告するために通院していますが、

     現在は尿もれの量も回数も少なくなりました。



  「トレーニングを受けて、非常に良かったです。
   手術せずに過ごせています」

     神奈川県 56歳 M・O様


     実践者の声

     以前から陰部の違和感と尿もれがあり不快な生活を送っていました。

     トレーニングを受ける前までは、

     尿もれに対して手術を受けようかと思っていましたが、

     現在はもう手術は行わず、様子を見れるようになりました。

     トレーニング自体、親切で丁寧に教えていただけるので、

     安心して取り組めています。





この排尿トラブル克服プログラムを実践すれば、尿漏れを再発することもなくなります。


尿の悩みに不安のない快適な生活を送れるようになるのです。





頻尿


過活動膀胱は、自分の意思と関係なく膀胱が勝手に運動してしまい、頻尿や尿もれを引き起こす病気です。

しかし、トイレが近くなったり、おしっこが少しもれたりしても、病院を受診する方はごくわずかです。

過活動膀胱は、今すぐ命にかかわるような怖い病気ではありませんが、日常生活の中でとても困るものです。

年齢も年齢だし、仕方ないことだとか、だれかに相談するのは恥ずかしいしと、ひとりで悩みを抱え込んでいる人が大勢いらっしゃいます。

頻尿や尿もれなどの症状に思い当たったら、悩み続けずに、解決策を見つけてみませんか。

まずは、病気のことを、よく知りましょう。



頻尿

頻尿や尿もれには、特徴的なタイプがあります。

チェックしてみてください。
頻尿


トイレが近い(頻尿、尿漏れ)正体はいったい何?




トイレが近い(頻尿、尿もれ)という症状の原因は、実はたくさん考えられます。

検査の結果、何らかの病気が見つかったなら、まずその病気を治すことが第一です。

でも、検査をしても病気が見つからない場合や、原因と思われた病気を治療しても症状が

改善しない事もあります。

そのような時は過活動膀胱の可能性があります。

トイレが近いという症状の多くは治療で改善できます。

トイレが近い(頻尿、尿漏れ)主な原因


泌尿器の病気

・感染症(女性に多い膀胱炎、男性の前立腺炎など)
・前立腺肥大症、膀胱結石、膀胱や前立腺のがん


泌尿器以外の病気

・糖尿病、脳卒中の後遺症、脊髄の病気、認知症、パーキンソン病


薬の副作用 ・高圧利尿薬、α遮断薬


その他 ・過剰な水分摂取、精神的な緊張や不安、カフェインの摂取


過活動膀胱(OAB)になると、

快適な生活が起くれなくなることが多いです


活動膀胱の患者さんは、頻尿や尿失禁を怖れるあまり、行動する1日の範囲が極端に狭くなる傾向があります。

その結果、仕事や家事がおろそかになったり、人との付き合いや外出がおっくうになりやすくなり、ふさぎがちになる可能性が高いです。

また、そうした状況は配偶者を始めとする家族にも影響を与え、そのことがさらにストレスを生み出してしまうこともあります。
尿もれ・頻尿の悩みに、泌尿器科医が教える【自分でできる排尿トラブル克服プログラム】


実際に泌尿器科で行われている、尿もれ・頻尿などの排尿トラブルに対して、医療スタッフが指導している内容をプログラムにしてまとめました。排尿カップなども付属していますので、実際に自宅で冊子・DVDを見ながら自分のトラブルの原因を探っていけます。また、わからないことは、医療スタッフがメールサポートします。

排尿トラブル克服プログラム
ワード・エクセル・パワーポイント・アクセス・WEBプログラミングを動画で楽々マスター!動画パソコン教室!【楽ぱそDVDプレミアム】オフィス2010
posted by トレーニング at 15:24| 東京 ☔| 頻尿・尿もれトレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。