2014年05月05日

尿もれ・過活動膀胱は恥ずかしいし、治療ができるか

尿もれ・過活動膀胱は恥ずかしいし、治療ができるかどうかも、
どこに行けばよいのかもわからず、 病院には行かずに悩んでいるという言葉を多く聞いた からでした。

関口先生の10年間で約何万人もの患者さんの、 尿もれや・過活動膀胱を改善されてきた方法を 「自分でできる排尿トラブル 総合プログラム」 として完成させ、クリニックに来られている方以外の方にも、お伝えしたいと思いました。

この教材は関口先生の20年間の経験だけではなく、
多くの患者さんの経験の積み重ねの集大成です。


病院に行くことを躊躇されている方も、ぜひ、お手にとっていただき、 尿もれ・過活動膀胱(過活動膀胱)から解放されるための、 第一歩を踏み出されてみて下さい。



女性医療クリニックで行われている【頻尿・尿もれトレーニング】が自宅でできるプログラム

尿もれ・頻尿などの排尿トラブルに対して、医療スタッフが指導している内容をプログラムにしてまとめました。

女性医療クリニック 頻尿・尿もれトレーニング
posted by トレーニング at 06:16| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

尿もれ・頻尿などの排尿トラブルに対して

尿もれ・頻尿などの排尿トラブルに対して
実際に泌尿器科で行われている、尿もれ・頻尿などの排尿トラブルに対して、医療スタッフが指導している内容をプログラムにしてまとめました。

排尿カップなども付属していますので、実際に自宅で冊子・DVDを見ながら自分のトラブルの原因を探っていけます。

また、わからないことは、医療スタッフがメールサポートします。



尿もれ・頻尿などの排尿トラブルに対して
血圧の数値に一喜一憂しない生活を手に入れる!高血圧改善プログラム「血圧+コントローラー」

女性医療クリニック 頻尿・尿もれトレーニング
タグ:尿もれ 頻尿
posted by トレーニング at 06:11| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月25日

排尿トラブル克服プログラム

排尿トラブル克服プログラム
トイレが近い(頻尿、尿漏れ)正体はいったい何?

尿もれ・頻尿の悩みに、泌尿器科医が教える【自分でできる排尿トラブル克服プログラム】


トイレが近い(頻尿、尿もれ)という症状の原因は、実はたくさん考えられます。

検査の結果、何らかの病気が見つかったなら、まずその病気を治すことが第一です。

でも、検査をしても病気が見つからない場合や、原因と思われた病気を治療しても症状が

改善しない事もあります。

そのような時は過活動膀胱の可能性があります。

トイレが近いという症状の多くは治療で改善できます。



排尿トラブル克服プログラム
女性医療クリニック 頻尿・尿もれトレーニング
糖尿病改善法
posted by トレーニング at 06:19| 東京 ☀| 排尿トラブル克服プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

過活動膀胱は

過活動膀胱は
過活動膀胱は、自分の意思と関係なく膀胱が勝手に運動してしまい、頻尿や尿もれを引き起こす病気です。

尿もれ・頻尿の悩みに、泌尿器科医が教える【自分でできる排尿トラブル克服プログラム】
しかし、トイレが近くなったり、おしっこが少しもれたりしても、病院を受診する方はごくわずかです。

過活動膀胱は、今すぐ命にかかわるような怖い病気ではありませんが、日常生活の中でとても困るものです。

年齢も年齢だし、仕方ないことだとか、だれかに相談するのは恥ずかしいしと、ひとりで悩みを抱え込んでいる人が大勢いらっしゃいます。

頻尿や尿もれなどの症状に思い当たったら、悩み続けずに、解決策を見つけてみませんか。

まずは、病気のことを、よく知りましょう。


過活動膀胱は
体臭をなんとしても解決したい
女性医療クリニック 頻尿・尿もれトレーニング
posted by トレーニング at 06:17| 東京 ☀| 過活動膀胱は | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月01日

排尿トラブル克服プログラム

排尿トラブル克服プログラム
女性医療クリニックで行われている【頻尿・尿もれトレーニング】が自宅でできるプログラム






実践者の声

   「育児や家事をしながらできるトレーニングで
    助かりました」

     東京都 齋藤様


     実践者の声

     二人の子供を出産後、尿漏れで悩んでおりました。


     最初は、「そのうちおさまるだろう・・・」

     と思いあまり気にしていませんでしたが、

     産後1年経過してもおさまらず悩んでおりました。


     病院に行くのも、恥ずかしい気持ちもあり悩んでいた際に、

     偶然この「自分でできる排尿トラブル克服プログラム」に出会いました。

     見た瞬間、これなら自分で好きな時にできる!と思い

     すぐに購入させていただきました。


     DVDを見て、すぐにトレーニングをはじめました。

     このプログラムのいいところは、

     日常生活の中でも取り入れられるトレーニング方法も紹介されているところです。

     育児や家事をしながらトレーニングができるので、

     毎日の生活の中に取り入れやすいので助かっております。


     また、食事日誌と排尿日誌をつけていくことにより、

     今まで自分で気が付いていなかった生活習慣も見えてきました。


     現在は、トレーニングを少しずつ進め、

     おかげさまでよい方向に向かっております。

     これからもこのプログラムを楽しみながら続けていき、

     完全克服を目指して頑張っていきます。


     本当にありがとうございました。



   「1年以上悩んでいた尿漏れが改善されました」

     神奈川県 78歳 N・S様


     実践者の声

     尿もれが非常に多くて大変な思いを1年以上してきました。

     骨盤底トレーニングセンターのトレーニングを受けて非常に良かったです。

     1か月に1回のトレーニングの経過を報告するために通院していますが、

     現在は尿もれの量も回数も少なくなりました。



  「トレーニングを受けて、非常に良かったです。
   手術せずに過ごせています」

     神奈川県 56歳 M・O様


     実践者の声

     以前から陰部の違和感と尿もれがあり不快な生活を送っていました。

     トレーニングを受ける前までは、

     尿もれに対して手術を受けようかと思っていましたが、

     現在はもう手術は行わず、様子を見れるようになりました。

     トレーニング自体、親切で丁寧に教えていただけるので、

     安心して取り組めています。





この排尿トラブル克服プログラムを実践すれば、尿漏れを再発することもなくなります。


尿の悩みに不安のない快適な生活を送れるようになるのです。





頻尿


過活動膀胱は、自分の意思と関係なく膀胱が勝手に運動してしまい、頻尿や尿もれを引き起こす病気です。

しかし、トイレが近くなったり、おしっこが少しもれたりしても、病院を受診する方はごくわずかです。

過活動膀胱は、今すぐ命にかかわるような怖い病気ではありませんが、日常生活の中でとても困るものです。

年齢も年齢だし、仕方ないことだとか、だれかに相談するのは恥ずかしいしと、ひとりで悩みを抱え込んでいる人が大勢いらっしゃいます。

頻尿や尿もれなどの症状に思い当たったら、悩み続けずに、解決策を見つけてみませんか。

まずは、病気のことを、よく知りましょう。



実践者の声

   「育児や家事をしながらできるトレーニングで
    助かりました」

     東京都 齋藤様


     実践者の声

     二人の子供を出産後、尿漏れで悩んでおりました。


     最初は、「そのうちおさまるだろう・・・」

     と思いあまり気にしていませんでしたが、

     産後1年経過してもおさまらず悩んでおりました。


     病院に行くのも、恥ずかしい気持ちもあり悩んでいた際に、

     偶然この「自分でできる排尿トラブル克服プログラム」に出会いました。

     見た瞬間、これなら自分で好きな時にできる!と思い

     すぐに購入させていただきました。


     DVDを見て、すぐにトレーニングをはじめました。

     このプログラムのいいところは、

     日常生活の中でも取り入れられるトレーニング方法も紹介されているところです。

     育児や家事をしながらトレーニングができるので、

     毎日の生活の中に取り入れやすいので助かっております。


     また、食事日誌と排尿日誌をつけていくことにより、

     今まで自分で気が付いていなかった生活習慣も見えてきました。


     現在は、トレーニングを少しずつ進め、

     おかげさまでよい方向に向かっております。

     これからもこのプログラムを楽しみながら続けていき、

     完全克服を目指して頑張っていきます。


     本当にありがとうございました。



   「1年以上悩んでいた尿漏れが改善されました」

     神奈川県 78歳 N・S様


     実践者の声

     尿もれが非常に多くて大変な思いを1年以上してきました。

     骨盤底トレーニングセンターのトレーニングを受けて非常に良かったです。

     1か月に1回のトレーニングの経過を報告するために通院していますが、

     現在は尿もれの量も回数も少なくなりました。



  「トレーニングを受けて、非常に良かったです。
   手術せずに過ごせています」

     神奈川県 56歳 M・O様


     実践者の声

     以前から陰部の違和感と尿もれがあり不快な生活を送っていました。

     トレーニングを受ける前までは、

     尿もれに対して手術を受けようかと思っていましたが、

     現在はもう手術は行わず、様子を見れるようになりました。

     トレーニング自体、親切で丁寧に教えていただけるので、

     安心して取り組めています。





この排尿トラブル克服プログラムを実践すれば、尿漏れを再発することもなくなります。


尿の悩みに不安のない快適な生活を送れるようになるのです。





頻尿


過活動膀胱は、自分の意思と関係なく膀胱が勝手に運動してしまい、頻尿や尿もれを引き起こす病気です。

しかし、トイレが近くなったり、おしっこが少しもれたりしても、病院を受診する方はごくわずかです。

過活動膀胱は、今すぐ命にかかわるような怖い病気ではありませんが、日常生活の中でとても困るものです。

年齢も年齢だし、仕方ないことだとか、だれかに相談するのは恥ずかしいしと、ひとりで悩みを抱え込んでいる人が大勢いらっしゃいます。

頻尿や尿もれなどの症状に思い当たったら、悩み続けずに、解決策を見つけてみませんか。

まずは、病気のことを、よく知りましょう。



頻尿

頻尿や尿もれには、特徴的なタイプがあります。

チェックしてみてください。
頻尿


トイレが近い(頻尿、尿漏れ)正体はいったい何?




トイレが近い(頻尿、尿もれ)という症状の原因は、実はたくさん考えられます。

検査の結果、何らかの病気が見つかったなら、まずその病気を治すことが第一です。

でも、検査をしても病気が見つからない場合や、原因と思われた病気を治療しても症状が

改善しない事もあります。

そのような時は過活動膀胱の可能性があります。

トイレが近いという症状の多くは治療で改善できます。

トイレが近い(頻尿、尿漏れ)主な原因


泌尿器の病気

・感染症(女性に多い膀胱炎、男性の前立腺炎など)
・前立腺肥大症、膀胱結石、膀胱や前立腺のがん


泌尿器以外の病気

・糖尿病、脳卒中の後遺症、脊髄の病気、認知症、パーキンソン病


薬の副作用 ・高圧利尿薬、α遮断薬


その他 ・過剰な水分摂取、精神的な緊張や不安、カフェインの摂取


過活動膀胱(OAB)になると、

快適な生活が起くれなくなることが多いです


活動膀胱の患者さんは、頻尿や尿失禁を怖れるあまり、行動する1日の範囲が極端に狭くなる傾向があります。

その結果、仕事や家事がおろそかになったり、人との付き合いや外出がおっくうになりやすくなり、ふさぎがちになる可能性が高いです。

また、そうした状況は配偶者を始めとする家族にも影響を与え、そのことがさらにストレスを生み出してしまうこともあります。
尿もれ・頻尿の悩みに、泌尿器科医が教える【自分でできる排尿トラブル克服プログラム】


実際に泌尿器科で行われている、尿もれ・頻尿などの排尿トラブルに対して、医療スタッフが指導している内容をプログラムにしてまとめました。排尿カップなども付属していますので、実際に自宅で冊子・DVDを見ながら自分のトラブルの原因を探っていけます。また、わからないことは、医療スタッフがメールサポートします。

排尿トラブル克服プログラム
ワード・エクセル・パワーポイント・アクセス・WEBプログラミングを動画で楽々マスター!動画パソコン教室!【楽ぱそDVDプレミアム】オフィス2010
posted by トレーニング at 15:24| 東京 ☔| 頻尿・尿もれトレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月23日

尿もれ・頻尿の悩みに、泌尿器科医が教える

尿もれ・頻尿の悩みに、泌尿器科医が教える

女性医療クリニックで行われている【頻尿・尿もれトレーニング】が自宅でできるプログラム





女の子産み分け術

実際に泌尿器科で行われている、尿もれ・頻尿などの排尿トラブルに対して、医療スタッフが指導している内容をプログラムにしてまとめました。排尿カップなども付属していますので、実際に自宅で冊子・DVDを見ながら自分のトラブルの原因を探っていけます。また、わからないことは、医療スタッフがメールサポートします。



日本で行われた過活動膀胱の疫学調査の結果から、年齢の高い方が過活動膀胱の症状に悩まされている事が理解できます。

それは、加齢に従い、筋力や様々な機能に変化がおこることで、排尿コントロールが難しくなってしまう事が原因の一つといわれています。

過活動膀胱の症状は、命には別状はないですが、日常生活には大きく影響し、症状が重くなるにつれ、生活の質が低下してしまう事は良く知られている通りです。

また、実は10代〜20代でも、尿トラブルを抱えている方がいます。

生活が便利になるにつれ、筋力を鍛える必要がなくなり、またストレス多い現代では、若いうちから、心因性頻尿や過活動膀胱など症状に悩まされている人が年々増えているのです。

過活動膀胱の症状を持つ人は、国内で800万人以上と推定され、15人に1人が過活動膀胱症状を持っていると考えられていますが、実際に医療機関で治療している人は、70〜80万人しかいないとされています。

つまり、困っている症状があるのに、様々な理由から受診していない事が伺われます。

市販薬や、生理用ナプキンなどを使い、毎日を乗り越えている方も多く、そのままでいると、症状の悪化はあっても、軽快していくことは期待できません。

比較的若いうち、症状が軽いうちから、自分の体の中で、何が起こり、何の危険信号を発しているのかを知り、対処することが、QOL(生活の質)を下げずに、楽しく生きることができる第一歩です。

症状を引き起こす要因は一人ひとり異なります。

自分自身の症状の要因をしっかりと理解し、快適に毎日を過ごせるように、是非一歩踏み出してみましょう。

年齢とともに筋力は衰え、ホルモンの分泌も減少します。

そのため、おしっこをコントロールしている臓器も筋肉も衰え、年齢とともに尿トラブルの発生率が高いということに間違いはありません。


尿トラブルに悩む人は800万人。でも実際に治療している人は、たった23%です。未受診のまま様子をみている人は、77%にのぼります。

一人だけの問題ではなく、多くの方が悩まされているのです。 自分だけで悩んだり判断したりせず、医療機関に思い切って受診することも、必要なことです。


決心をして、病院に行きます。そうすると、まず薬を処方されます。 処方された薬は、しっかりと服用しましょう。それだけで症状が改善される人もいます。

しかし、それでも症状の改善が今一歩の場合、薬の種類を変えます。いくつか試してみて、自分にぴったりの薬と出会える人もいます。

しかし、薬を服用することだけが、尿トラブルを改善する方法ではありません。

自分で意識し、必要であれば生活パターンを変化させることが非常に重要なのです。

日本人は、実はトイレが大好きな民族です。

海外旅行などに行くと、外出先でトイレがなくて大変だったなどということはよくあるようですが、日本ではいろんなところに公衆トイレがあります。

また、小さな子供の頃には、親から早めにトイレに行くように言われて育ってきた方も少なくありません。

そんな中、大人になると、家事を始める前にとか、出かける前に、入浴前になどと、尿意もないのに、区切りでトイレに言ってしまう生活を送りやすくなります。

トイレで困っていなければ、区切りでトイレに行っても問題はないのですが、困っているのであれば、その排尿の習慣を変える努力・コントロールが必要になります。

本来、人間には恒常性維持機能というものがあり、それは、今ある状態をできるだけ大きく変化させない為に、バランスを保つよう働くものです。

何気なくしていた排尿の習慣が、ゆっくりと徐々に変化していき、ある一定ラインを超えた時に、困るという状態になるのです。

でも、自分でも認識しない程度に小さな変化が起こっていたので、身体がその変化をあまり重要視しなかった結果、気が付けば困る状態に至ってしまったのです。

ですので、新しい排尿コントロールを手に入れるのは、時間が係ることも多いです。

しかし、手に入れることができれば、自分に自信が持てるようにもなります。

人によっては、そういう意識で生活するだけで改善される場合があり、また、薬を服用する期間も短くできる可能性も高まるのです。

排尿のコントロールは、自律神経支配なので、本来、意識しなくても、充分に発揮できるはずです。

それが、色々な理由で、うまく反応できなくなり、イレギュラーな動きが出やすくなり、結果日常生活に支障をきたすようになります。

ですので、医療機関で処方される薬は、自律神経に働きかけ、切迫感を押えるものが多いのです。

でも自律神経に働きかけるのは、薬だけではなく、自分でも可能です。

例えば、お財布を落としてしまったら、がっくり悲しくなります。

でも、思いがけず人からプレゼントを貰ったら、嬉しくなるのが普通だと思うのです。

それと同じように、自分が不安がっていたら、不安な状態から抜け出すことは難しいのです。

薬だけに頼るのではなく、必要であれば薬をうまく利用しながら、切迫感や不安感のない

新しい生活に向け、自分自身で症状を改善する道に一歩踏み出しましょう。



尿トラブルに非常に有効なのが骨盤底筋体操です。インターネットでも数多く、体操の仕方が取り上げられています。

本プログラムでは、通常よく言われている骨盤底筋体操も含め、骨盤底筋群のことを知り尽くした理学療法士が夜間頻尿や尿もれなど、症状別に説明し、より細かい骨盤底トレーニング法を教えています。

この方法は、いつでもできて、改善率の良いトレーニング法です。 また、このトレーニングに加えて、食事や排尿習慣を工夫することが、

自分の尿トラブルのオフスイッチとなることを、自分自身で納得し、自分で快適な生活ができるように、コントロールすることが可能になるのです。


本プログラムを作るきっかけは、 尿もれ・頻尿は恥ずかしいし、治療可能かどうかも、どこに行けばよいのかもわからず、病院には行っていないという言葉を多く聞いたからでした。

私たち排泄機能のプロは、10年間で約何万人もの患者さんを診てきました。 そして、尿もれや・頻尿などの尿トラブルから解放される方法を 「自宅でできる尿もれ・頻尿(過活動膀胱)のプログラム」 として完成させました。

病院に行くことを躊躇されている方も、 ぜひ、お手にとっていただき、尿もれ・頻尿(過活動膀胱)から解放されるための、第一歩を踏み出されてみて下さい。


「病院に行く暇もないし、恥ずかしい。」「できれば自宅で克服できる方法を知りたい。」

という、悩んでいる方の声から、このプログラムが生まれました。尿もれ・頻尿(過活動膀胱)から解放してくれる「自宅でできる尿トラブル克服法」の様々な手法を、自宅や外出先のあいている時間の数秒、食事療法や自己チェック法に凝縮しています。

まず『本当に尿もれ・頻尿(過活動膀胱)から解放されるんだ。』ということを実感いただき、そして具体的な「実践方法」を習得してください。
尿もれ・頻尿の悩みに、泌尿器科医が教える【自分でできる排尿トラブル克服プログラム】



尿もれ・頻尿の悩みに、泌尿器科医が教える

女性医療クリニックで行われている【頻尿・尿もれトレーニング】が自宅でできるプログラム


尿もれ・頻尿の悩みに、泌尿器科医が教える
ダイエットで減量しましょう

女性の悩み、生理痛、偏頭痛、腰痛、便秘のサプリメント
ワキガを克服する
うつ(鬱病)から解放される
posted by トレーニング at 17:23| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

尿もれ・頻尿(過活動膀胱)から解放してくれる

尿もれ・頻尿(過活動膀胱)から解放してくれる

尿もれ・頻尿の悩みに、泌尿器科医が教える【自分でできる排尿トラブル克服プログラム】
病院に行く暇もないし、恥ずかしい。」「できれば自宅で克服できる方法を知りたい。」

という、悩んでいる方の声から、このプログラムが生まれました。尿もれ・頻尿(過活動膀胱)から解放してくれる「自宅でできる尿トラブル克服法」の様々な手法を、自宅や外出先のあいている時間の数秒、食事療法や自己チェック法に凝縮しています。

まず『本当に尿もれ・頻尿(過活動膀胱)から解放されるんだ。』ということを実感いただき、そして具体的な「実践方法」を習得してください。
posted by トレーニング at 17:20| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

頻尿・尿もれトレーニング

頻尿・尿もれトレーニング

尿もれ・頻尿の悩みに、泌尿器科医が教える【自分でできる排尿トラブル克服プログラム】


尿もれ・頻尿の悩みに、泌尿器科医が教える【自分でできる排尿トラブル克服プログラム】
「頻尿」「尿もれ」が本当に改善されるか不安かと思われます。

たしかに何年も症状に苦しんでいるのに、突然よくなるなんて想像もできないし、イメージも湧きませんよね。

先ほどもお話しましたが、あなたの「頻尿」「尿もれ」が改善されるには3つの理由があるのです。

一つ目は
この方法を継続して実践していくことで、実際に「頻尿」「尿もれ」よく言われる「過活動膀胱」の症状に変化が出てくるのを感じ、不安感を徐々に弱めていく事が大切がということ。

二つ目は
この改善プログラムは、1日僅かな時間の運動の継続と、毎日の生活を少し工夫するだけの誰でもできる簡単な方法が基礎になっているということ。

三つ目は
頻尿・尿もれの専門分野のスペシャリスト(最先端泌尿器科Dr.・骨盤底筋群専門の理学療法士・看護師・鍼灸師)がトータルして、実際に病院で行っている治療法で、あなたの生活をプロデュースし、頻尿・尿もれを改善方向に導くということです。


以上の3つの理由があなたの「つらい症状」を改善傾向に導く理由です。


試していただければ、その効果をいずれ体感できるはずです。

どうぞ、希望を失わず、快適な生活を想像して、是非継続して実践してみてください。
尿もれ・頻尿の悩みに、泌尿器科医が教える【自分でできる排尿トラブル克服プログラム】



女性医療クリニックで行われている【頻尿・尿もれトレーニング】が自宅でできるプログラム


ゆず柚子 たべよう
ダイエットで減量しましょう
posted by トレーニング at 17:18| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。